ここから本文です

52歳男、徹夜し居眠り運転か…大久保7人負傷

6/12(火) 23:56配信

読売新聞

 東京都新宿区大久保の都道交差点で12日午前8時40分頃、乗用車が赤信号を無視して横断歩道に突っ込み、男女7人が負傷した。

 このうち男性3人は腰の骨を折るなどの重傷。警視庁新宿署は同日、車を運転していた町田市木曽東、タクシー会社社員の男(52)を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)容疑で現行犯逮捕した。

 新宿署幹部によると、男は11日夕に退社後、知人女性と一緒に、12日朝までインターネットカフェなどにいた。睡眠を取らないまま車を運転し、携帯電話販売店に向かう途中、事故を起こしたと説明している。

 事故時の状況について、男は「下を向いていて、顔をあげたら赤信号だった。止まろうと思ったが、ブレーキとアクセルを踏み間違えた」と供述。新宿署は、居眠り運転だった疑いがあるとみている。

最終更新:6/13(水) 10:46
読売新聞