ここから本文です

名古屋ダイヤモンドドルフィンズ、ブラッキンズとの契約を継続「目標は変わらず優勝」

6/12(火) 14:51配信

バスケットボールキング

 名古屋ダイヤモンドドルフィンズは6月12日、クレイグ・ブラッキンズとの選手契約を更新したことを発表した。

 アメリカ出身のブラッキンズは現在30歳で、208センチ114キロのパワーフォワード兼センター。アイオワ州立大学在学中の2010年にNBAドラフトへのアーリーエントリーを表明し、フィラデルフィア・セブンティシクサーズへ入団した。その後はイスラエル、イタリア、ポーランド、中国などのクラブを渡り歩き、Bリーグが開幕した2016年に滋賀レイクスターズへ加入。今季から所属する名古屋Dでは「B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2017-18」を含む62試合に出場して計699得点(1試合平均11.2得点)317リバウンド(同5.1リバウンド)をマークした。

 同選手はクラブの公式HPをとおして「2018-19シーズンも名古屋ダイヤモンドドルフィンズでプレーできることを嬉しく思います。2017-18シーズンと目標は変わらず、ドルフィンズみんなでチャンピオンシップに進出、そしてファイナルで優勝をすることです。早くユニフォームを着てスタッフ、チームメイト、ドルファミのみなさんに再会できるのを楽しみにしています」をメッセージを送った。

 なお同クラブは12日時点でブラッキンズに加え、満田丈太郎、小林遥太、ジャスティン・バーレル、中東泰斗、笹山貴哉、張本天傑、中務敏宏、安藤周人の計9名との契約合意を発表している。

BASKETBALL KING