ここから本文です

県勢刻んだ球史紹介 県民会館で高校野球写真展 

6/12(火) 0:25配信

北日本新聞

 夏の全国高校野球選手権富山大会の第100回を記念した写真展「白球の軌跡」が10日、県民会館で始まった。過去の大会を約80点の写真で振り返っている。14日正午まで。

 展示は富山大会が始まる前の北陸大会を戦った1930年(第16回)の高岡中の集合写真に始まり、県勢の全国大会初出場となった37年(第23回)の高岡商の入場行進や、徳島商と再試合の激闘を繰り広げた58年(第40回)の魚津の戦いぶり、99年(第81回)に小松(石川)に逆転勝利を収めた新湊の「ミラクル劇」などを飾っている。

 2000年以降に初出場した福岡、南砺福野、砺波工、富山工、富山第一の活躍を収めた写真や、近年の県勢の甲子園での試合映像もある。

 22~24日は黒部市国際文化センター、29日~7月1日は県高岡文化ホールでも開く。いずれも入場無料。県高野連主催。

北日本新聞社

最終更新:6/12(火) 0:25
北日本新聞