ここから本文です

今日も「#起業しろ」とつぶやき続ける ツイッターで話題「若者を起業させたすぎておかしくなったおじさん」って何者?

6/13(水) 7:00配信

J-CASTニュース

 「#起業しろ」――と、ひたすらに訴え、若者に起業を勧め続けているユーザーがツイッターで話題になっている。

 「若者を起業させたすぎておかしくなったおじさん」としてインターネットに現れた人はどんな人物なのか。

■狂おしいほどの起業プッシュ

  「若者を起業させたすぎておかしくなったおじさん、もっと広まるべき」

のコメントと共に投稿された、あるユーザーのツイートのスクリーンショット。そこには兎にも角にも起業を推奨するツイートが並べられていた。例えば、

  「平成の次の新しい元号が何になるのか?とタイムラインでみんな気にしてますが、僕はもちろん『起業』だと思う。元号を『起業』にするために、みんなで起業しよう。2019年は起業元年なんだ。#起業しろ」
  「若者は生きてるだけで起業してるも同然。」

など熱意溢れる投稿の数々だった。

 この紹介ツイートは2018年6月12日夕時点で、「リツイート」10000件、「いいね」は18000件を記録している。

 これらスクリーンショットの発言の主は、「木下 慶彦/Skyland Ventures(@kinoshitay)」さんだ。日頃から、ハッシュタグ「#起業しろ」を用いて若者の起業を勧める投稿を行っている。

 その他のツイートについて調べてみると、

  「おはようございます。今日は雨ですね。練習出来ずくすぶってる全野球少年に向けて言いたい。夢にときめけ!明日にきらめけ!起業しろ! #起業しろ」
  「ゲーテは死ぬときに『もっと光を!』と言ったらしいが、ぼくはやはり、主治医の先生に『起業しろ!』と言いながら死にたい。#起業しろ」
  「『ありがとう』を聞かせ続けた水は結晶がきれいという都市伝説があるが、もちろん科学的な根拠はない。しかし、起業しろといわれ続けた若者は起業する。水にありがとうという暇があったら、若者に起業しろと言い続けたい。みんな #起業しろ」

と、寝ても覚めても起業させたいことがうかがえる。

 上記の、自らのツイートを紹介した書き込みに対しても、投稿者が京都大学に在学しているとプロフィールに記載していたため、

  「やった!京大生にほめられた。 #京大生は起業しろ #起業しろ」

と、この場においても起業を勧めるほどの気の入れようだ。

1/2ページ

最終更新:6/13(水) 12:37
J-CASTニュース