ここから本文です

日本人としてはBABYMETAL以来、3年ぶりの快挙! LOVEBITES、英国音楽誌『メタル・ハマー』主催アワードで受賞

6/13(水) 9:18配信

M-ON!Press(エムオンプレス)

■受賞式ではLOVEBITESメンバーが英語でスピーチ。「この場に立てて、うれしく思います」
日本のヘヴィメタルバンド、LOVEBITESが、現地時間6月11日夜にロンドンにて行われた世界最大級の音楽誌『メタル・ハマー』の式典『ゴールデン・ゴッズ・アウォーズ』にて、「ベスト・ニュー・バンド」を受賞した。

【詳細】他の写真はこちら

これは日本人バンドとしては初の快挙となる。

当日は、ベーシスト/リーダーのmihoと、ギタリスト/キーボーディストのmiyakoが式典に出席。『メタル・ハマー』のマーリン・アルダースレイド編集長から「ベスト・ニュー・バンド」の受賞者としてLOVEBITESの名前が告げられるとふたりはステージに登壇。

「この場に立てて、うれしく思います。そして、一度しか受賞するチャンスのない『ベスト・ニュー・バンド』を手にすることができて大変光栄です。サポートしてくれたすべての人に感謝します。どうもありがとうございます」と英語でスピーチし、喜びを伝えた。

式典では、LOVEBITESのほか、オジー・オズボーン、“メタル・ゴッド”ジューダス・プリーストや、スウェーデンのアーチ・エネミーなど、様々な部門での受賞者が発表となった。

同賞は、過去にナイトウィッシュ、ファイヴ・フィンガー・デス・パンチ、ザ・ダムド・シングスらが受賞。部門に限定せず日本人の受賞で言えば、2015年にBABYMETALが「ブレイクスルー(最も活躍が期待されるバンド)」を獲得して以来、3年ぶりの快挙となった。

LOVEBITESは、6月28日に東京・渋谷TSUTAYA O-EASTにて単独公演を開催。チケットはすでに完全ソールドアウトとなっている。また、7月には、日本のヘヴィメタル界の重鎮アンセム主催のライブツアー『HEADSTRONG FES.18』に出演し、神奈川、大阪、名古屋をサーキットし、8月にはドイツ『ヴァッケン・オープン・エア』と、英国『ブラッドストック・オープン・エア』といった世界最大級のメタルフェスティバルに出演する。

<受賞一覧>
●ゴールデン・ゴッド: オジー・オズボーン
●ベスト・ブリティッシュ・バンド: JUDAS PRIEST
●ベスト・インターナショナル・バンド: ARCH ENEMY
●ブレイクスルー: CODE ORANGE
●ベスト・ライブ・バンド: LACUNA COIL
●ベスト・ニュー・バンド: LOVEBITES
●ベスト・インディペンデント・レーベル: Sumerian Records
●ベスト・イベント: Download Festival
●ベスト・アンダーグラウンド・バンド: WOLVES IN THE THRONE ROOM
●ベスト・アルバム: MYRKUR 『MARERIDT』
●スピリット・オブ・ハマー: ジェシカ・ピメンテル
●インスピレーション: MESHUGGAH
●グローバル・メタル: KAOTEON
●アイコン: メイナード・ジェームス・キーナン
●リフ・ロード: ウェス・ボーランド
●ディフェンダー・オブ・ザ・フェイス: PARKWAY DRIVE

リリース情報
2018.06.06 ON SALE
MINI ALBUM『BATTLE AGAINST DAMNATION』

LOVEBITES OFFICIAL WEBSITE
http://lovebites.jp/

ビクターHP内アーティストページ
http://jvcmusic.co.jp/lovebites/