ここから本文です

“声かけ事件”以来初 工藤会系組員が被告の裁判員裁判 地裁小倉支部 福岡県

6/13(水) 16:50配信

TNCテレビ西日本

テレビ西日本

特定危険指定暴力団・工藤会系の元組員らが裁判員に声をかけた事件以来、初めてとなります。

工藤会系組員が被告となる裁判員裁判が福岡地裁小倉支部で開かれました。

起訴されているのは工藤会系の組員竹内信二被告で、覚醒剤を営利目的で譲り渡した麻薬特例法違反などの罪に問われています。

地裁小倉支部では2016年、別の組幹部の裁判で元組員らが帰宅中の裁判員に声をかける事件が起きて以来、工藤会系組員が被告となる裁判員裁判は初めてです。13日の初公判には男性3人女性5人が裁判員として臨み、冒頭、裁判長は裁判員への接触が禁じられていることを傍聴人らに改めて呼びかけました。

テレビ西日本

最終更新:6/13(水) 16:50
TNCテレビ西日本