ここから本文です

崩落した通潤橋 石材引き上げすすむ

6/13(水) 20:44配信

RKK熊本放送

RKK熊本放送

先月7日の大雨で石垣の一部が崩落した通潤橋で、石材の回収作業が進められています。

「崩落した94個の石材を、一つ一つ橋の上に引き上げる作業が行われています」(記者)
熊本地震からの復旧作業が続く通潤橋は、先月7日の大雨の影響で幅約10メートル、高さ約4メートルにわたって石垣が崩れました。先月のうちに崩落した94個の石材は全て確認がとれていて、12日から引き上げ作業が続いています。
山都町によりますと、今回崩れたのは、熊本地震の前からせり出していた部分で、過去の石垣の計測では問題はなかったということです。今回の崩落を受けて、せり出している部分では、鉄骨による崩落防止策がとられています。
山都町は今後、崩れた石材の計測や元の位置の特定など、修復工事の準備を進め、今年度中に国に補助事業を申請する方針です。

RKK熊本放送

最終更新:6/13(水) 20:44
RKK熊本放送