ここから本文です

【GLORY OF HEROES】Krush二連勝中の松岡力、中国の四冠王と対決

6/13(水) 16:17配信

イーファイト

 7月7日(土・現地時間)中国・広東省惠州市(けいしゅうし)の惠陽体育会展センターで開催されるキックボクシングイベント『万茗堂GLORY OF HEROES.32』に、Krushウェルター級で活躍する松岡力(24=K-1ジム五反田チームキングス)の参戦が決定。

【フォト】昨年7月、渡部太基との打ち合いを制したインホァ

 -67kg契約でGLORY OF HEROESの2018年-67kg級世界王者である、ティエ・インホァ(25=中国)と対戦する。

『GLORY OF HEROES』(以下GOF)とは2016年に旗揚げした団体で、武林風、英雄伝説、クンルンファイトと並ぶ中国ではメジャーな格闘技プロモーションで、毎週テレビ放送も行われているという。

 インホァはGOFの今年の世界トーナメント優勝者で、GOFにおいては前K-1 WORLD GPライト級王者ウェイ・ルイ、チュー・ジェンリャンらと並ぶトップファイターだ。
 2011年には中国・タイ・ロシア・モンゴルの4カ国で争われた-65kg級CIK(チャイナ・インターナショナル・キックボクシング)の王者に。2013年には武林風のWLF-65㎏アジア王者、2015年にはWLF-67kg世界カンフー王者とタイトルを多く獲得してきた超強豪。
 また昨年7月に日本で行われたKrush「日本vs中国対抗戦」では第4代Krush -67kg王者・渡部太基からも勝利を収めている。

 松岡は新日本キックボクシング協会の日本ウェルター級のトップランカーとして活躍。今年1月にKrushに初参戦しKO勝利した。4月大会ではBigbangウェルター級王者で「初代K-1ウェルタ―級王座決定トーナメント」3位の山際和希を下し、波に乗っている。
 中国の強豪相手にどのような試合をするか、Krush参戦後早くも真価が試される。

 松岡はコメントで「前回の試合で、自分がそこそこ強いレベルにいることが分かったので、自信を持って練習しています」と張り切っている。
「対戦相手のティエ・インホァ選手は身体が強くて根性がある選手だなという印象です。今回、中国のお客さんの心を掴む試合をして、KO勝ちを見せて、チャイニーズドリームを掴みたいと思います」と、強豪食いをしチャイニーズドリームを目指す。

 また、同大会ではウェイ・ルイが3月に日本で行われた『K’FESTA.1』での卜部功也戦以来の再起戦に出場。-63kg級初代世界王座を懸けて、ルイのライバルと目されており、K-1・Krushに参戦経験もあるドン・ザーチー(中国)と対戦する。

最終更新:6/13(水) 16:17
イーファイト