ここから本文です

日本を救うホールインワン! イジられキャラ小寺大佑が値千金一打【トヨタジュニアW杯2日目】

6/13(水) 17:25配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<トヨタジュニアゴルフワールドカップ Supporrted by JAL 2日目◇13日◇中京ゴルフ倶楽部・石野コース(男子6,843ヤード・パー71 女子6,130ヤード・パー72)>

【写真】大会前日には“志田未来似”のあの女子アマも…

チームのいじられキャラが主役をかっさらった。「トヨタジュニアゴルフワールドカップ」男子2日目、前日は2オーバー・35位タイとチームに貢献できなかった小寺大佑(大阪学院大高2年)が、4番パー3でホールインワンを達成するなど「67」をマーク。この日チームのアンダーを1人で稼ぎ出し、チームは5打差の3位をキープして大会を折り返した。

165ヤードを8番アイアン。「昨日7番で打ってオーバーしたので、一個小さいのを持って、左にいったかなと思ったら風で戻ってきて…」。小寺自身は入ったのが見えなかったため、一番最初に驚いたのは1つ前の組を回る中島啓太だった。「(次のホールで)アドレス入って打とうとしたら“ガチャンッ!”って聞こえて(笑)」。後輩が見せた1打に驚きつつも自身のティショットを放つと、グリーン付近に足を運んでハイタッチで迎えた。

ホールインワンはプライベートも含めてこれが自身初。この日はチームメンバー3人が苦しんでスコアを伸ばせなかったため、日本チームにとっても値千金の一打だ。最初にホールインワンを目撃したチームのエース格中島も、「すごく楽しくなりましたね。気持ちが入れ替わったし、伸ばせてなかったので安心しました。(首位との5打差は)大丈夫だと思います」と逆転へ前向きだ。

前日の夜は宿舎近くの焼肉店でチームの決起会を行った。そこでも主役は小寺。中島が「だいたい大ちゃん(小寺)がいじられているんですよ」と語れば、一学年下の久常涼からも「小寺大佑は肉食べてヤケドしたんですよ。肉でヤケドする人います?」と突き上げを食らう愛されキャラ。それだけいじられても当の小寺はどこ吹く風で、「焼肉楽しかったたです。でも何話したかまったく覚えてないんです」。

本人曰く「周りのことは気にならない性格」。国際大会は今大会が2回目と経験が浅く、初日は外国人選手に話しかけられると「鳥肌が立った」とド緊張だった。しかし、2日目にして早くも環境に順応し、「日本語だと気になることも、英語だとわかんないので、鳥が鳴いているくらいと同じ感じでした」とサラリ。ワザとか天然かはわからないが、“鳥”は“鳥”でも大違いだ。

人生初のホールインワンボールは記念にする? との問いにも、「いや…別に(笑)」とどこまでも自然体。残す2日間に向けても「周りのスコアもあるけど、自分は自分です。明日、明後日も今日よりいいスコアで回れるようにがんばりたい」ときっちり足元を見据えている。“持ってる”いじられキャラが、チームを2015年以来の栄冠に導くか。ちなみに、今日の晩御飯はひつまぶしらしいので、ヤケドには気をつけてください。

【男子2日目結果】
1位T:スペイン(-14)
1位T:デンマーク(-14)
3位:日本(-9)
4位T:韓国(-6)
4位T:タイ(-6)

日本男子・個人の順位
10位T:中島啓太(-3)
10位T:久常涼(-3)
12位T:小寺大佑(-2)
22位T:鈴木晃祐(+2)

【女子2日目結果】
1位:韓国(-10)
2位:日本(-9)
3位:スウェーデン(+1)
4位:カナダ(+2)
5位:コロンビア(+3)

日本女子・個人の順位
2位T:安田祐香(-4)
4位:古江彩佳(-3)
5位T:西村優菜(-2)

※男子は各チーム4人中上位3人のスコアの合計、女子は各チーム上位2人の合計で争われる。