ここから本文です

栄和人前強化本部長 14日午前に認定後初の公の場 パワハラについて語る

6/13(水) 17:03配信

デイリースポーツ

 レスリングの明治杯全日本選抜選手権(14日開幕・駒沢体育館)の監督会議が13日、会場で行われた。五輪4連覇の伊調馨(34)=ALSOK=へのパワーハラスメントが認定され、日本協会の強化本部長を辞任した至学館大の栄和人監督(57)は、この日は姿を見せず。高田裕司専務理事は「今日はこない。明日、本人がしゃべります」と、話した。日本協会は14日の午前中に本人が取材対応することを発表した。パワハラ認定後、栄氏が公の場に登場するのは初めてで、パワハラ問題について語るという。

【写真】レスリング協会側謝罪ない パワハラ問題で被害者が怒り

 問題は、今年1月にレスリング関係者が代理人を通じて、内閣府の公益認定等委員会に、伊調が栄氏にパワハラを受けていたという告発状を提出したことで発覚。協会側は当初否定していたが、その後の第三者委員会の調査で、伊調への罵倒や、2010年の不透明な代表選考など4点がパワハラとして認定され、栄氏は4月に強化本部長を辞任した。23日の評議員会で常務理事を解任される見込みとなっている。