ここから本文です

神戸市が楽天の「電子図書館サービス」試験導入 スマホ・PCで電子書籍を借りる

6/13(水) 18:14配信

ITmedia NEWS

 兵庫県神戸市は、楽天グループが提供する電子図書館サービス「Rakuten OverDrive」を6月22日から試験導入する。市立図書館の図書カードを持っている市民が、手持ちのスマートフォンやタブレット端末、PCなどで電子書籍を借りられるようにする。図書館に来館しなくても読書が楽しめるなど、図書館利用者の利便性向上につなげる。

【画像】「OverDriveJapan」

 神戸市の全ての市立図書館(中央図書館、地域図書館9館、北神分館)で使えるようにする。あらかじめ市立図書館の窓口で、図書館のカードを使い、IDとパスワードを発行。その後は時間や場所を問わず、専用のWebサイトにアクセスして電子書籍を借りられる。

 導入期間は2年間。提供コンテンツは、日本語の図書が約1000冊、英語の図書が約500冊、著作権の切れた文学作品などを公開するWebサイト「青空文庫」のコンテンツ約1万冊。期間中に1万3000冊程度まで拡充予定としている。

 Rakuten OverDriveは、楽天グループの米OverDriveが図書館や教育機関向けに提供している電子書籍配信サービス。米国の90%以上の公共図書館が導入しており、日本国内でも岐阜県の関市立図書館や静岡県の浜松市立図書館などが導入している。

 Rakuten OverDriveの導入で、市民は図書館に通わなくても読書が楽しめる。図書館側も予約や貸し出し、返却の手間や、紙の書籍を保管するスペースやコストを軽減できるメリットがあるとしている。

最終更新:6/13(水) 18:14
ITmedia NEWS