ここから本文です

<静岡女性遺体>連れ去り後、広範囲移動 遺棄場所か

6/13(水) 21:05配信

毎日新聞

 静岡県藤枝市の山中で浜松市の看護師、内山茉由子(まゆこ)さん(29)の遺体が見つかった事件で、監禁容疑で逮捕された男らが先月26~27日、内山さんを車に乗せたまま、静岡市など県内の広範囲を走り回っていたことが、捜査関係者への取材で明らかになった。遺体の遺棄場所を探していた可能性があり、県警は内山さん死亡の経緯についても何らかの事情を知っているとみている。

 内山さんは先月26日午後6時ごろ、浜松市内のスポーツクラブ駐車場で男2人に車ごと連れ去られた。内山さんの車は同28日、三重県桑名市内の駐車場で発見。内山さんの遺体は今月9日に見つかり、司法解剖の結果、連れ去られて間もなく死亡したとみられる。

 捜査関係者によると、車のカーナビゲーションの履歴などから車は静岡市などを走行していたことが新たに判明。県警は男らが遺体を遺棄した後、愛知県を越えて三重県まで行き、桑名市内で車を乗り捨てたとみている。

 県警はこれまでに、内山さんを監禁した容疑で20代と40代の男2人を逮捕。2人は容疑を認める一方、遺体の遺棄は「知らない」などと話しているという。2人はインターネットを通じて知り合い、お互いについて「詳しくは知らない」との趣旨の説明をしているといい、内山さんとの面識もなかった。連れ去り現場近くの防犯カメラには2人とは別の男も映っており、県警は他にも関与した人物がいるとして、2人の名前などを明らかにしていない。

 死亡した内山さんは浜松市内の中学や高校を卒業。高校時代はマンドリン部に所属し、今年2月からは同市天竜区内の診療所で勤務していたという。知人の一人は「職場ではアイドル的存在だったようだ。同僚には『スポーツジムに行くのが楽しい』と話していたと聞いた」と語った。【古川幸奈、松岡大地、島田信幸】

最終更新:6/14(木) 1:14
毎日新聞