ここから本文です

ひふみん 藤井七段の将棋に感動「あんな魅力的な将棋を指す人を見たことない」

6/13(水) 14:38配信

スポニチアネックス

 「ひふみん」の愛称で親しまれる将棋棋士の加藤一二三九段(78)が13日、ニッポン放送「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」(月~金曜前11・30)に出演し将棋界、タレント活動などについて語った。

 最近は声優、歌にも挑戦とタレントとしての活動の幅を広げている。この日のラジオでは「人前ではあまりやらないですが…」と言いながらも「カァ~カァ~」「クッククック」と鳥の鳴き声のモノマネを披露した。

 引退から1年。仕事量は3倍に増えたとのことで、テレビ、ラジオ出演が大幅に増した。健康の秘けつは「基本的に睡眠時間をしっかりとること。最低でも6~7時間は寝ています」。引退から1年近く経っても対局している夢を見るそうで「ここでああ指しておけば引退しなくてよかったのに…」と話した。

 最近、感動したことについては、高校生棋士の藤井聡太七段(15)が六段から昇段したことを挙げた。四段からあっという間に七段になり「あんな魅力的な将棋を指す人を見たことがない。彼には23歳で将棋界最高峰の名人になってほしい」と願っていた。