ここから本文です

vivo、カメラが自動でポップアップするノッチなし全画面スマホ「NEX」

6/13(水) 16:39配信

Impress Watch

 中国vivoは12日(現地時間)、同社のフラグシップスマートフォン「NEX」を発表した。中国では23日10時より発売される。

【この記事に関する別の画像を見る】

 NEXは“未来”を意味し、今後vivoのすべてのフラグシップシリーズ製品に冠されるブランドになるという。また今回の製品投入を機に、vivoは単なるハードウェア製造メーカーから、AI技術を駆使したソフトウェアやサービスを含めたプラットフォーム提供メーカーへと変貌を遂げるという。

 最大の特徴は、前面における画面占有率を91.24%まで引き上げた点。しかもNEXは、ノッチなしのディスプレイで実現している。この高い画面占有率を実現するために、受話用スピーカーをなくし、ディスプレイ自身が振動の媒介となって音を出す方式を採用。また、2年の開発期間を費やし、光センサーと近接センサーをディスプレイの背面に配置させた。

 さらに、セルフィー用の前面カメラはポップアップ式とした。このポップアップ動作はマイクロモーターを介してソフトウェアで精密に制御。カメラアプリから前面カメラを選ぶだけでポップアップする。なお、ポップアップ時には近未来感あふれた独自の効果音が鳴る。

 加えて、指紋センサーもディスプレイの裏側に搭載される。vivoは業界で率先してディスプレイ指紋センサーを採用しているが、第3世代へと進化し、指紋認識精度を50%向上させ、速度を10%改善した。

 AI音声アシスタント「Jovi」の搭載も特徴。JoviがほかのAI音声アシスタントと異なるのは、1つに複雑な手順の操作を音声コマンド1つで行なえる点。発表会ではWeChatのRed Packetを送信するデモのみならず、「空港までナビゲートしてくれ、ただその前に家に寄ってからいきたい」、「今日はラスベガスに会議に来ましたを英語でなんという?」といった要求にも対処できるという。加えて、音声コマンドと行なう処理はユーザー自身が“調教”してJoviに処理させることも可能で、それらはJoviのフォーラムで他人と共有することもできる。

 もう1つの特徴は、音声のみならず、本体側面のJoviボタンで、画面に映っている情報をJoviに解析させて処理できる点。たとえば犬の写真が表示されている場合どの犬種なのかを教えてくれるし、植物の写真の場合どういう名前の植物なのかを教えてくれる。一方、ジャケットなどを写すと、同じブランドの同じ製品の購入リンクが表示される、といった具合である。

 カメラにもAI機能を取り入れ、シーンにあった構図を提案する機能や、シーンに合わせて写真を自動でレタッチするフィルタ機能を搭載。センサーにはソニーのIMX363センサーと、F1.8のレンズを採用し、DCI-P3色域での撮影および表示が可能としている。

 NEXはゲーミング向けを謳っていないが、TencentおよびNeteastの中国2大ゲームパブリッシャーと協業し、ゲームタイトルごとの最適化を行なっているという。そして、スマートフォンとしてははじめてUnreal Engineに対してSDKレベルでの最適化を施し、ログイン時間を35%、低フレームレート率を30%、消費電流を12.27%、背面の温度を5.75℃低減しつつ、フレームレートを22.5%向上させたという。

 さらにゲームプレイ時の横持ちに特化した4x4アンテナ設計や、ハイパワーUEの採用により、弱電波環境下での通信速度とレイテンシを改善。また、独自の放熱技術により、「PUBG MOBILE」を2時間連続でプレイしても表面温度を37℃に抑えられるとしている。バーチャルサラウンド技術「dtsX Ultra」も搭載し、3Dゲームにおける音の定位を向上させたという。

 音にもこだわり、DAC(CS43199)と3つのアンプ回路を1パッケージに封入したSystem in Packageを採用。基板占有面積を削減しながら、ダイナミックレンジ130dB、歪み-115dBを実現したという。

 NEXには2つのバージョンが用意される。下位の「NEX」は、SoCにSnapdragon 710、メモリ6GB、ストレージ128GB、2,316×1,080ドット表示対応6.59型Super AMOLED、OSにAndroid 8.1を搭載し、価格は3,898人民元(約67,400円)。

 上位の「NEX旗艦版」は、SoCにSnapdragon 845、メモリ8GB、ストレージ128GBまたは256GB、2,316×1,080ドット表示対応6.59型Super AMOLED、OSにAndroid 8.1を搭載し、価格は128GB版が4,498人民元(約78,000円)、256GB版が4,998人民元(約87,000円)。

 カメラは背面が1,200万画素+500万画素、前面が800万画素。IEEE 802.11acおよびBluetooth 5.0も備える。デュアルSIMデュアルスタンバイに対応し、対応バンド帯はFDD-LTEが1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/25/26/28A/28B、TDD-LTEが34/38/39/40/41、WCDMA/HSPAが1/2/4/5/8、TD-SCDMA/TD-HSPAが34/39、CDMAがBC0/BC1/BC10、GSM/GPRS/EDGEが850/900/1,800/1,900MHz。

 バッテリは4,000mAh。本体サイズは77×162×7.98mm(幅×奥行き×高さ)。本体色はブラックおよびレッド(128GBモデルのみ)。

PC Watch,劉 尭

最終更新:6/13(水) 16:39
Impress Watch