ここから本文です

<自民総裁選>竹下派幹部「安倍3選支持」会長差し置き表明

6/13(水) 23:49配信

毎日新聞

 自民党竹下派の山口泰明事務総長は13日夜、東京都内で開いた自身の政治資金パーティーで、9月に予定される総裁選について「3選を自ら勝ち取って、盤石な体制で日朝交渉に臨んでもらいたい」と述べ、安倍晋三首相の3選支持を表明した。同派の竹下亘会長は4月の就任時に石破茂元幹事長や岸田文雄政調会長との近さに言及し、総裁選への対応を明言していない。

 竹下派内では茂木敏充経済再生担当相や加藤勝信厚生労働相らも首相と近い。山口氏の首相支持表明は同派の一部に事前に伝わっていたという、竹下氏が方針を示す前に山口氏が動き、同派が一枚岩でないことが露呈した。

 パーティーでは首相からの祝電が披露され、茂木氏は「私も首相も山口氏を一番信頼している」とあいさつした。一方、竹下氏は「山口氏がいなければ平成研究会(竹下派)はもたない」と述べたが、総裁選には触れなかった。

 竹下派は55人で党内第3派閥。細田派、麻生派、二階派の主要3派閥は首相の3選支持を打ち出している。【松倉佑輔】

最終更新:6/14(木) 10:08
毎日新聞