ここから本文です

ひょっこりはん、著作権侵害騒動謝罪「解決に進んでます。新しいBGMも作っていきます」

6/13(水) 19:01配信

サンケイスポーツ

 お笑いピン芸人、ひょっこりはん(31)が13日、東京都内で行われた「よしもとオススメ芸人2018お披露目会」に出席した。

 フリー音楽サイト「MusMus」の管理人からネタで使用しているBGMの著作権侵害を指摘されてから初の公の場。

 とろサーモンのボケ担当、久保田かずのぶ(38)から「BGM問題は?」とふられると「大丈夫です。お騒がせして申し訳ありませんでした」と謝罪。

 5月31日、ひょっこりはんが使用する楽曲「sonorously box」について「MusMus」の管理人は「著作権表記をしていない」「著作権表記をしない場合の利用料を支払っていない」「他の企業などに『フリー音源』として二次配布を行った」と抗議。

 3日には問題の決着を報告し「当方の楽曲とそれに類似している楽曲の使用・販売の停止」「すでに二次配布した先への音源取り扱いの訂正連絡」が約束されたことを明かしていた。

 イベント後の会見では改めて「ご迷惑かけて、お騒がせして申し訳ありません」と頭を下げ、吉本と「MusMus」の話し合いで「問題は解決に進んでます。新しいBGMも作っていきます」と宣言。

 この日は、香川県からやってきたひょっこりはんのモノマネ芸人、風亀丸いわしてんぐも登場。 早速の便乗に久保田から「人が苦労して作ったネタに乗っかるってどういうつもりや!」とたしなめられる一幕も。

 お笑いコンビ、ジョイマン、尼神インター、ゆにばーす、ガリットチュウ、イシバシハザマ、パタパタママ、レインボー、元NMB48のタレント、須藤凜々花(21)も参加した。