ここから本文です

アプリで中身がわかる!? made in japanな収納ボックス「CA-TON」

6/13(水) 15:00配信

bouncy

日本の製造メーカー、プラスティックスが開発した「CA-TON」は、フタを開けずにCA-TONに入れたものを見ることができる便利なスマート収納箱。好きな文字やイラストを描ける専用のタグがあり、それと一緒に収納物を撮影しておくと、そのタグにスマホをかざした時に撮影画像が表示される仕組みだ。

買える?

現在、Kickstarterでクラウドファンディング中。サイズが4種類あり、5S(240×160×128mm)が900円、5M(240×160×192mm)が1200円、4Sサイズ(320×240×128mm)が1400円、4L(320×240×256mm)が1800円となっている。プロジェクトが成功すれば、2018年7月にはお届けしてくれる予定。

もっと詳しく

CA-TONは、特許出願中の特殊構造によって、軽量かつ落下、衝突などによる耐衝撃性にも優れている。工具を使わず組み立てかが可能で、使わないときは折りたたんで置けるので、CA-TON自体も収納しやすい。また、本体とフタが一体構造なので、フタを無くす心配もないだろう。
厚さはわずか0.7ミリの樹脂製収納ボックス。底面にツメがついているので、重ねて置いても安定してくれる。

・ ・ ・

収納したものをフタをかけなくても分かるCA-TONで、新しい収納術にチャレンジしてみてはどうだろう?

Plastics co.,ltd.

Viibar.Inc

最終更新:6/13(水) 15:00
bouncy

あなたにおすすめの記事