ここから本文です

トップ下で躍動の香川真司、復活の1G2Aに「しっかりイメージを持てたことは自信になる」

6/13(水) 0:28配信

GOAL

日本代表MF香川真司が、12日に行われたパラグアイ戦にトップ下で先発フル出場。1ゴール2アシストと大車輪の活躍を見せた。

長友、宇佐美、原口の奥さん登場!サッカー選手の美人すぎる彼女・妻たち【26枚】

日本は先制を許す展開も、その後乾貴士の2ゴールで逆転。さらに、オウンゴールで加点すると、最後は香川真司が締めの4点目。終わってみれば4-2の快勝を収めた。この試合で1ゴール・2アシストを記録した香川は試合後、インタビューでW杯前最後のテストマッチで十分な手応えを感じているようだ。

「90分通してチームとしてやり続けていくというのがあったので、非常に自信になったんじゃないかと思います」

「後半さらにチームとしてギアをあげて、なおかつ守備の局面においてもアグレッシブにやり続けれて、だからこそ攻撃にリズムが生まれたと思ってるのでこれを忘れずに次に向けて準備したい」

「重心を前にして守備に行けていた。チームとしてやり続けていたので、こういう気持ちを忘れずに次はタフになるのでしっかり準備したい。数多くのチャンスを外していたので、しっかりイメージを持てたことは自信になります」

Goal編集部

最終更新:6/13(水) 0:31
GOAL

あわせて読みたい