ここから本文です

2度のタイブレークを落とし、初戦敗退<男子テニス>

6/13(水) 17:08配信

tennis365.net

メルセデス・カップ

男子テニスのメルセデス・カップ(ドイツ/シュツットガルト、芝、ATP250)は12日、シングルス1回戦が行われ、第5シードのP・コールシュライバー(ドイツ)は世界ランク100位のD・イストミン(ウズベキスタン)に6-7 (2-7), 6-7 (3-7)のストレートで敗れ、初戦敗退となった。

【伊藤竜馬、第1シード破る】

この試合、6度のブレークチャンスを与えるも全て凌いだコールシュライバーは、1度もブレークチャンスを掴むことなく2セットともタイブレークに突入。しかし、いずれもイストミンにリードを許し、1時間41分で力尽きた。

34歳のコールシュライバーは2016年の同大会決勝で、D・ティーム(オーストリア)に7-6 (7-2), 4-6, 4-6の逆転で敗れたものの準優勝を飾っている。

先日の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)では1回戦でB・チョリッチ(クロアチア)に3-6, 6-3, 3-6, 4-6で敗れた。

一方、勝利したイストミンは2回戦で世界ランク85位のF・マイヤー(ドイツ)と対戦する。両者は4度目の対戦でイストミンの3勝。

tennis365.net

最終更新:6/13(水) 17:08
tennis365.net