ここから本文です

スペイン代表の監督は誰に?有力候補が2人挙がる

6/13(水) 18:26配信

SPORT.es

レアル・マドリードのフレン・ロペテギ新監督就任発表は、スペインサッカー連盟(RFEF)の不意をつく形となっただろう。マドリーが発表している通り、同監督就任はロシアW杯後となるが、RFEFは後任探しに乗り出している。特に有力とみられる候補は2人だ。

アトレティコ、トマ・レマルの獲得発表

1人目はルイス・エンリケ。スペイン代表SDフェルナンド・イエロにとってFCバルセロナ前監督は最有力候補。加えて、エンリケは常々代表監督のポストへの関心を口にしてきた。今夏はアーセナル、チェルシーとの交渉が報じられていた。

2人目はミチェル。元マラガ指揮官は現在フリーであり、連盟新会長ルビアレスと親しいことでも知られる。時間はまだ残されているが、新監督キャスティングは既に始まっている。

(文:SPORT)

SPORT.es

最終更新:6/13(水) 18:26
SPORT.es