ここから本文です

伊記者が語る日本代表「監督交代で変貌の可能性。イタリア勢のナガトモとホンダが…」

6/13(水) 13:40配信

GOAL

ロシア・ワールドカップ開幕が間近に迫り、イタリアのサッカー情報サイト『トゥット・メルカート・ウェブ』が11日、日本代表について特集記事を組んだ。

長友、長谷部、宇佐美の奥さん登場!サッカー選手の美人すぎる彼女・妻たち【26枚】

「ロシアまで3日…4-2-3-1か 3-4-2-1か。監督交代ですべてが変貌する可能性」との見出しで、ロシアW杯に出場する日本代表を紹介している。

まずは、「日本のベンチでサプライズが起きた。4月にヴァヒド・ハリルホジッチ監督からアキラ・ニシノに交代した」と綴り、開幕まで2カ月に迫った段階での指揮官の解任劇に言及した。続いてセリエAでプレー経験のあるDF長友佑都とFW本田圭佑を紹介。

「サムライブルーには、“イタリア勢”のナガトモとホンダが名を連ねている。インテルのサイドバック選手も元ミランFWもレギュラーだ」と伝えた。またチームのリーダーとして、キャプテンのMF長谷部誠やDF吉田麻也、ベテランGK川島永嗣も紹介している。

また日本代表のシステムについても分析。「ロシアでは、予選で採用した4-2-3-1、そしてより守備的な3-4-2-1と、システムには二つの可能性がある。初戦のコロンビア戦では後者をとることが予想される」と結論を下し、5月30日のガーナ戦(日本は0-2で敗戦)で採用した3バックがコロンビア相手にも採用されると予想した。

なお、日本は12日のパラグアイ戦では4バックを採用し、4-2で勝利。ロシア・ワールドカップ前最後の実戦を勝利で飾っている。

Goal編集部

最終更新:6/13(水) 13:40
GOAL