ここから本文です

2026年W杯の開催地は米国、カナダ、メキシコ!モロッコとの一騎打ち制し初の3カ国共催へ

6/13(水) 19:53配信

GOAL

13日、国際サッカー連盟(FIFA)の総会で2026 FIFAワールドカップの開催地が決定した。FIFA加盟協会の投票により、米国、カナダ、メキシコの3カ国共催案が選ばれ、モロッコの初開催は実現しなかった。

これは“鬼カワ”!日産で見つけた日本代表女子サポがかわいかった【18枚】

総会では134の協会が3カ国共催案に、モロッコには65が投票。2026年W杯では出場国が48カ国、試合数も80に増えることが考慮され、W杯開催経験者である米国やメキシコを含む3カ国共催が選ばれたと考えられる。

なおFIFAの評価報告書ではインフラや運営面などにおいて合計500点満点で3カ国共催案を402.8点、モロッコ開催案を274.9点と評価。そのため3カ国共催は圧倒的優位とみられていたが、投票は予想通りの結果となった。

2010年は南アフリカ、2014年はブラジル、2018年はロシア、2022年はカタールと各大陸を回り、2026年は1994年アメリカ大会以来北中米でワールドカップが開催される。

最終更新:6/13(水) 20:20
GOAL

あわせて読みたい