ここから本文です

東京五輪ボランティア募集、競技会場への道案内など

6/13(水) 9:59配信

日刊スポーツ

 東京都は12日、2020年東京オリンピック(五輪)・パラリンピックの都市ボランティアの募集要項を発表した。

 02年4月1日以前に生まれ、日本国籍を有するか、日本に居住する資格を持っていること、5日間以上活動できることが条件。1日の活動時間は5時間程度だが、それ以外に活動前後に30分程度のミーティングを実施する。応募期間は9月中旬から12月上旬まで。主に最寄り駅から競技会場までの間や空港、観光地を活動拠点とし、道案内などを行う。

 組織委が募集し、競技会場を活動拠点とする大会ボランティアとは種類が違う。募集人員は約2万人。勤務する競技会場と滞在先(ホテルなど)間の交通費負担を軽減するため、一律交通費を支給する。

最終更新:6/13(水) 10:01
日刊スポーツ