ここから本文です

東洋大コールド負け ドラフト候補2人で10失点

6/13(水) 13:59配信

日刊スポーツ

<全日本大学野球選手権:九産大10-3東洋大>◇13日◇2回戦◇東京ドーム

 ドラフト候補の好投手が揃う東洋大(東都)が九産大(福岡6大学)に3-10で7回コールド負けした。

【写真】3回裏東洋大1死満塁、降板する東洋大先発の上茶谷は梅津にマウンドを託す

 先発のドラフト1位候補、上茶谷大河投手(4年=京都学園)が不調だった。1回こそ無失点に抑えたが2回に4安打を集中され3失点。3回には1死満塁のピンチを招いて降板。2番手で登板したこちらもドラフト1位候補の梅津晃大投手(4年=仙台育英)が連続適時打を浴び0-7とされた。

 その後も5回に梅津が9番横田にソロ本塁打を浴び失点。3-8で迎えた7回裏、梅津が横田に2打席連発となる右越え2ランを浴び、コールド負けが決まった。

 もう1人のドラフト1位候補、甲斐野央投手(4年=東洋大姫路)は登板機会なく終わった。

最終更新:6/13(水) 14:36
日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/19(火) 0:45