ここから本文です

慶大コールド8強入り 河合、柳町が4安打大暴れ

6/13(水) 17:10配信

日刊スポーツ

<全日本大学野球選手権:慶大11-0苫小牧駒大>◇13日◇2回戦◇神宮

 4年ぶり出場の慶大(東京6大学)が猛打を爆発させ5回コールドで8強入りを決めた。

 1点リードで迎えた5回だった。先頭の瀬戸西純遊撃手(2年=慶応義塾)の二塁内野安打が口火となった。ここから4連打してまず2点。四球、三振のあと内田蓮三塁手(4年=三重)の二塁打で2点を追加すると、もう止まらない。結局この回、8安打して計10点を奪った。

 中でも1番河合大樹外野手(4年=関西学院)と3番柳町達外野手(3年=慶応義塾)はそろって4打数4安打の大暴れだった。柳町は「リーグ戦の後半から(調子が)上がっていた。基本のセンター返しが形となってできました」と振り返っていた。

最終更新:6/13(水) 17:43
日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/20(水) 11:25