ここから本文です

「飼育代かかる」子犬6匹を生き埋め 住民が24時間後に救出 沖縄・中城村

6/13(水) 8:40配信

沖縄タイムス

 沖縄県警生活保安課は12日、生後間もない子犬6匹を私有地に生き埋めにしたとして、動物愛護法違反の疑いで飼い主の会社員の男(54)=中城村=を沖縄区検に書類送致したと発表した。

【写真】誰がこんなことを… 鼻に吹き矢が刺さった猫、沖縄で保護される

 「飼育代がかかるのでやった。申し訳ない」と容疑を認めているという。6匹は約24時間後、付近住民に土の中から救出され無事だった。

 調べでは、男は3月25日午後3時から翌26日午後4時20分ごろまでの間、自宅近くの私有地で、飼っている犬が24日に産んだ子犬6匹を土の中に埋めた疑い。

 同課によると、飼い主は3匹の里親を募集している。残り2匹は友人が引き取り、1匹は死んだ。問い合わせ先は宜野湾署、電話098(898)0110へ。

最終更新:6/13(水) 12:45
沖縄タイムス

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ