ここから本文です

「彼らが入って全てが変わった」スペイン紙が日本の“伏兵2人”に注目

6/13(水) 7:58配信

ゲキサカ

 日本代表は12日、オーストリア・インスブルックのチボリ・シュタディオンでパラグアイ代表と対戦し、4-2で勝利した。スペイン『マルカ』は後半の戦いに注目し、「ナカムラとヒロキ・サカイが入って全てが変わった」とレポートしている。

 0-1で前半を折り返した日本は、後半開始からGK東口順昭に代えてGK中村航輔、DF遠藤航に代えてDF酒井宏樹を投入した。同紙は「アキラ・ニシノがドレッシングルームで話したことは分からないが、日本の戦いは後半になると完全に変化した。ナカムラとヒロキ・サカイが入り、全てが変わった」と言及。「カガワとイヌイのコンビネーションが機能し始めたことで、2ゴールが生まれた」と続けている。

 同紙が指摘する通り後半に攻撃が躍動した日本は、後半6分にMF香川真司のパスを受けたMF乾貴士が右足で鮮やかなミドルシュートを突き刺すと、同18分にも香川の好パスから乾が右足で流し込んで逆転に成功。同32分に相手のオウンゴールで突き放し、3-2の同アディショナルタイム1分には香川が華麗なドリブルからダメ押しの4点目を奪った。

 日本は西野朗監督の就任後、3戦目にして初白星。本大会ではグループリーグHに属し、19日にコロンビア、24日にセネガル、28日にポーランドと対戦する。

最終更新:6/26(火) 3:36
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あわせて読みたい