ここから本文です

ナイキ、ベルトコンベアで足を引き込む靴の特許出願--靴べらは無用の長物に

6/13(水) 9:30配信

CNET Japan

 「バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2」が公開された1989年当時、映画内で描かれた未来のようすは、信じられないほど遠い世界に思えた。ところが、舞台の2015年はあっという間に過ぎてしまった。

 映画に登場したガジェットのうち、実現されたものの代表は、Nike(ナイキ)が実際に開発したスニーカー「Nike Mag」だろう。Nike Magの製品化を意図したのかは不明だが、Nikeは靴ひもが自動的に締まる技術で特許を取得している。

 そんなNikeが、今度は足がスムーズに入るベルトコンベア内蔵の靴に関する技術を考案。この技術を米国特許商標庁(USPTO)へ出願したところ、米国時間5月3日に「FOOTWEAR WITH MECHANICAL FOOT-INSERTION ASSIST」(公開特許番号「US 2018/0116334 A1」)として公開された。出願日は2017年10月27日。

 この特許は、靴のインソール部分などにベルトコンベアのようなメカニズムを組み込み、差し込まれた足を引き込む技術について説明したもの。何らかのセンサが差し込まれる足を検知すると、モーターでベルトを動かし、摩擦力で足を引き込んで所定の位置に収める。

 Nike Magのような靴ひもが自動的に締まる靴この機構が搭載されれば、高いホールド感が必要なスポーツ用シューズがスリップオンのように履きやすくなる。硬い革靴でも、靴べらを使わずに履けそうだ。また、靴を履く際の屈む姿勢を取ることが難しい人にとっては、履く動作が支援され、助けを借りずに自力で靴を履けるメリットがある。

最終更新:6/13(水) 9:30
CNET Japan