ここから本文です

伊に一定の理解=難民弁務官

6/14(木) 0:53配信

時事通信

 【ジュネーブAFP時事】グランディ国連難民高等弁務官は13日、地中海の難民船入港拒否で非難されているイタリアについて「なぜ拒否したのか耳を傾ける必要はある」と述べ、一定の理解を示した。

 イタリアは既に大量の難民を引き受けている点も指摘し「全員は無理だと言う権利はイタリアにもある」と語った。

 グランディ氏はイタリア出身。入港拒否に関しては「海上救助活動を危険にさらす。正しい解決策ではない」と述べた。 

最終更新:6/18(月) 8:36
時事通信