ここから本文です

<動画>犬飼貴丈、仮面ライダービルド“集大成”の劇場版で「過去一」の変身

6/14(木) 21:10配信

まんたんウェブ

MANTAN

 人気特撮ドラマ「仮面ライダービルド」の劇場版「劇場版 仮面ライダービルド Be The One(ビー・ザ・ワン)」(8月4日公開)の製作発表会見が6月12日、東京都内で行われ、桐生戦兎/仮面ライダービルドを演じる犬飼貴丈さんが登場。テレビシリーズのスタート当初(昨年9月)から「成長したところ」を聞かれた犬飼さんは「仮面ライダーと言えば『変身』っていう方も多いと思うんですが。初めは本当に、クランクインした辺りは変身のやり方が決まらなかったりとか、格好があまりよろしくないとかで、悩んだ時期もあったんですけど。“集大成”というこの映画で過去一(番)の変身ができました」と自信をのぞかせた。

【動画】勝村政信、55歳で仮面ライダー役 変身ポーズ拒否を後悔

 今回の映画の撮影では、北九州でエキストラ約3000人が参加し、9時間半に及ぶ大規模ロケも行われた。犬飼さんは「北九州ってことで、僕が先に思いついたのは『ラーメンがおいしい』ってこと。ものすごくラーメンが好きなので、いかにどれほどのラーメンが食べられるか、撮影以外のところでは、そこに集中しようと。映画の“中打ち”の前にもラーメンを食べて、その後もラーメンって、本当に“ラーメンの旅”でした」と振り返っていた。

 「仮面ライダービルド」は、平成ライダーシリーズ19作目。タイトルは「創る」や「形成する」といった意味を持つ「Build(ビルド)」から取られ、天才物理学者の青年が、戦いの場においてまるで「実験」するかのように二つの成分を組み合わせて、あらゆる姿に変身し、「スマッシュ」と呼ばれる未確認生命体を駆逐する。

 劇場版は、仮面ライダービルドにとって初の単独映画作品。東都、西都、北都の三つの首都で繰り広げられた戦争が終結し、パンドラタワーに新政府が樹立。東都、西都、北都には、これまでの首相に代わってそれぞれ知事が置かれ、平和のための新体制が確立されたはずだったが、再び大きな脅威が、桐生戦兎の前に立ちはだかる……というストーリー。「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film」と2本立てで8月4日に公開される。

最終更新:6/14(木) 21:10
まんたんウェブ