ここから本文です

「天声人語 2018年6月14日」

6/14(木) 7:00配信 有料

朝日新聞デジタル

 日本でいえば、下町の趣である。ベルリン中心部から南、小さなビルのなかに目指す事務所はあった。寛容、連帯、愛などの言葉があしらわれた絵が飾られている。移民2世、3世らが悩みを相談しにくる民間団体だ▼夫婦の不仲や教育、仕事探しなどが持ち込まれる。「とくに移民2世は、十分な教育を受けていないために望む仕事に就けない人が多い。ギャンブル依存症も目立ちます」。そう教えてくれたカウンセラーもトルコからの移民2世である▼高度成長期の1960~70年代、ドイツは多くのトルコ人を迎えた。ガストアルバイターすなわち客人労働者と呼ばれ、数年で帰国してもらう算段だった。…… 本文:618文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

朝日新聞社

あわせて読みたい