ここから本文です

熊本競輪場のバンクの距離はどうなる?

6/14(木) 20:20配信

RKK熊本放送

RKK熊本放送

熊本市の競輪事業について、2020年10月に縮小しての再開へ向け、バンクの長さなどの検討が本格的に始まりました。
熊本市の競輪事業については、昨年度、「存続か、廃止か」の検討の末に「縮小しての再開」という方針が決まっていて、今年度は競輪場の規模、つまり「バンクの長さ」などを決めていきます。震災前まで「500m」だったバンクの整備をめぐっては、競輪選手会や関係団体から「400mに縮小し、空いたスペースを使って選手の宿舎を設置したい」といった要望や、「世界大会の基準に近い333mが適している」などの意見が挙がっています。これらの意見について今後も議論され、熊本市が9月末までに策定する基本計画に盛り込まれる方針です。

RKK熊本放送

最終更新:6/14(木) 20:20
RKK熊本放送