ここから本文です

Bリーグチェアマン大河正明『現場百回』vol.2「バスケの起爆剤、仙台への期待」

6/14(木) 17:30配信

バスケット・カウント

スポーツ観戦に慣れ親しんだ文化がある地方都市への期待

文=鈴木健一郎 写真=野口岳彦、古後登志夫


1958年5月31日、京都府生まれ。2015年にサッカーのJリーグから新リーグ創設を目指すバスケ界へと舞台を移して組織再編を手掛け、Bリーグの初代チェアマンに就任。現在は「BREAK THE BORDER」をキーワードに、新たなプロリーグの盛り上げに尽力している。日本バスケットボール協会の副会長も兼任し、立ち遅れたバスケットボールの環境整備、強化に邁進する。高校生までバスケ部。──今回は仙台について聞かせてください。仙台89ERSは1年でのB1復帰とはなりませんでしたが、経営陣が変わって強くなろうという意欲を見せています。また今週末にはゼビオアリーナ仙台で日本代表の強化試合があり、リーグの復興支援活動『B.Hope』も宮城で行われます。

実は、日本バスケットボール協会の競技運営担当が作った最初の案では、17日の試合は仙台ではなかったんです。Bリーグのチームがない地方都市だったので、そこは仙台でやろうと私からお願いしました。八村塁選手は仙台の明成高校の出身で、代表デビュー戦が凱旋試合になれば面白いですよね。もともと『B.Hope』の活動が宮城県で予定されていたということもあります。

仙台には明成もあるし仙台高校もあります。東北や北陸はアリーナスポーツが盛んで、その東北の一番大きな都市ですから、バスケどころとして仙台への期待はやはり大きいです。今のところ秋田のほうが勢いがありますけど、東北の中心地としてバスケの起爆剤になってほしい。

見方を変えると、東京、名古屋、大阪圏じゃない4大地方圏、つまり札幌、仙台、広島、福岡はプロ野球もJリーグもあって、スポーツ観戦に慣れ親しんだ文化があります。北海道は1年目に苦労したけど立て直して、アリーナの入場者数も大きく増えました。福岡はB3スタートから一足飛びにB1まで来ました。広島はB2で苦戦していますが、実際にチケットを買ってくれるお客さんが多くて、今シーズンB2の中でもトップクラスでした。応援の風景やチアの素晴らしさも含めて、ポテンシャルを発揮しています。そうなると仙台だけが本来の力を発揮できていないということになりますが、そこはやっぱり期待したいんです。

──仙台89ERSは経営陣変更がありました。これはリーグとしてどう受け止めていますか? 

オーナーチェンジは一番大きなインパクトがあるので、報告は随時受けています。bjリーグは日本中に地域に根差したプロクラブを作りました。ただ、当時は2億円ぐらいあれば上位で十分やっていける規模でした。でもBリーグになって、投資をしてバスケットボールで売上を増やし、回収していく時代になっています。そこで仙台の中村彰久代表はチームを強くするために良い選択肢を選びました。中村代表の勇気ある決断、それを受けてやっていこうとする新しい経営陣には敬意を払いたいです。

志村雄彦選手が引退するということでホーム最終戦を見に行き、新しい経営陣の方々とは少し話をしました。若い経営者になって、選手や施設にしっかり投資して事業規模を拡大して強くなろう、という前向きな姿勢を感じました。強くなりたいのはどのチームも同じですから、すべてがうまく行くことはないかもしれませんが、そういう道に進み出した印象は受けます。

1/3ページ