ここから本文です

10日間クラブを握らず 鈴木愛は左ひざの回復優先

6/14(木) 16:24配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇国内女子◇ニチレイレディス 事前情報(14日)◇袖ヶ浦CC新袖C◇6548yd(パー72)

【画像】全米オープン仕様のヘッドカバー

賞金女王の鈴木愛は開幕前日、プロアマ戦をプレーした。前々週の「全米女子オープン」(アラバマ州・ショールクリークCC)では左ひざ痛の影響もあり、97位で予選落ち。3日(日)に帰国し、日本オリンピック委員会(JOC)が運営する「味の素ナショナルトレーニングセンター」(東京・北区)に通って治療してきた。

「まだ左ひざが痛むときもあって不安はありますが、少しずつ良くなってきた」。今大会に向けては患部の回復を優先し、クラブを意図的に遠ざけた。12日(火)から練習を再開したが「シーズン中、1週間クラブを握らないことはありますが、10日間も握らないってことはないです」と説明する。

前週はダンス・ボーカルグループ「GENERATIONS from EXILE TRIBE」のライブや、バレーボール日本代表の試合を観戦し、リフレッシュ。「やっぱり、ゴルフだけじゃなく、いろんなものを見ていると、刺激になる部分もある。すごく楽しかった」と笑顔を見せた。

国内戦は「リゾートトラストレディス」(兵庫、3位)以来、3週ぶりの出場となる。万全の状態ではないが、今季の国内ツアーは9試合に出場して優勝3度を含むトップ3が8度と、圧倒的な数字を残す。「ずっと練習をやっていなかったので、どれくらいやれるか想定がつかない感じ。まずはしっかりと予選を通過してトップ10に入れたらいい」と謙虚に話した。(千葉市/玉木充)