ここから本文です

トルシエ氏も日本に希望の光を見た?「グループリーグ突破の可能性は60%」

6/14(木) 12:45配信

GOAL

2018FIFAワールドカップ・ロシアの開幕が目前に迫る中、日本サッカーを盛り上げるスポーツコミュニティ『ODAIBA FOOTBALLFANZONE 2018』のオープンイベントが、14日に開催された。オープニングイベントでは、元サッカー日本代表監督のフィリップ・トルシエ氏がトークショーに登場した。

日本がロシアW杯のグループリーグを勝ち抜ける可能性を問われたトルシエ氏は、期待も込めて「60パーセント」と答えた。先日に行われたパラグアイ戦前には日本のグループリーグ突破に向けて非常に厳しいコメントを残していた同氏だが、4-2で勝利を収めた一戦を受けて希望の光を見いだしたようだ。

「4つのチーム全てが“絶対に決勝トーナメントに上がるんだ”と、モチベーションが上がっている。その中でも突破できるのは2チームだけ。突破できなかったとしても、そのチームがほかよりも悪いというわけではないが、サッカーはディテールがモノを言う」

「私は何と言っても日本のサポーター。日本が決勝トーナメントに上がれる可能性は60パーセントと言いましょう」

また、本大会での勝利のために何が必要か問われたトルシエ氏は「ゴールを決めること。勝ち点を取ること。少しの運に恵まれること。そして、何といっても100パーセントの力を出し切らなければいけない。後悔しないように、最大限自分の力を出し切ること。それでも相手が勝っていれば、相手を認めるしかない」とコメント。持っているポテンシャルを発揮した上で、運も必要だとの見解を示した。

GOAL

最終更新:6/14(木) 12:45
GOAL