ここから本文です

高橋洋一の霞ヶ関ウォッチ  ガチンコ政治交渉としてはまずまず 米朝会談、「トップ同士が合意」の意義

6/14(木) 17:00配信

J-CASTニュース

 6月12日(2018年)、シンガポールで歴史的な米朝首脳会談が開催された。これを受けて、非核化やミサイル、拉致問題は前進が期待できるだろうか。

 共同声明に、トランプ大統領と金正恩委員長が署名したが、非核化やミサイルでは具体的な内容が乏しいという批判もある。たしかに、内容としてはこれまでの六か国協議と比べると新味に乏しい。「CVID」(完全かつ検証可能で不可逆的な非核化)という言葉もなく、タイムテーブルもなかったのは事実だ。

■安倍総理の名前を連呼

 しかし、ガチンコの政治交渉としてはまずまずだろう。これまでの六か国協議では実務者だけでの議論で、トップ同士の政治的な枠組みが弱かった。その点、今回ではまず両国のトップが政治的な合意をしているので、これから実務協議が行われていくのだろう。実際、トランプ大統領も、ポンペオ国務長官がすぐに交渉すると記者会見で明かしている。

 それにしても、共同声明署名後にあったトランプ大統領の記者会見では、安倍総理の名前が連呼され、いかに安倍総理が今回の米朝首脳会談に食い込んでいるかが改めてわかったのではないか。

 よく知られた話として、トランプ大統領が、米朝首脳会談を韓国の板門店かシンガポールのどちらで開催すべきかを安倍総理に聞いてきた。そのとき、安倍総理は、板門店では、南北首脳会談の延長線、二番煎じになるとアドバイスしたという(8日産経ネット版記事、12日NHK報道など)。これは、文在寅・韓国大統領の過度な介入を遮り、日本の国益を高める上で、外交上のナイスプレーであった。

 いずれにしても、今後、米朝で実務会合が開かれ、その後は6か国協議のような枠組みで、非核化やミサイルが議論されるのだろう。北朝鮮はこれまで幾度となく騙してきたが、今回もそうならないとの確約はない。これについて、トランプ大統領も、「1年後、間違いだったと言うかも」と言っている。ガチンコの交渉であるので、これは正直なところだろう。

1/2ページ

最終更新:6/14(木) 17:40
J-CASTニュース