ここから本文です

次女コウキが喧嘩の種に…キムタクvs静香の“仁義なき戦い”

6/14(木) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

コラム【ギョーカイ“マル秘”雑記帳】

 娘の進路を巡って冷戦状態に陥っているのが、元SMAPの木村拓哉(45)と元アイドルで歌手の工藤静香(48)の2人――。女性ファッション誌「ELLE JAPON」(ハースト婦人画報社)のカバーモデルとして鮮烈なデビューを飾ったKoki,(コウキ=15)が「夫婦喧嘩の種になっている」(事情通)というのだが……。

 同夫婦の間には2人の娘がいて、今回デビューしたのは次女の光希(みつき)のほう。しかし、「父親である木村はいまだに納得していない。SMAPが解散した途端、木村は世間から“A級戦犯”扱いされ、猛バッシングを受けた揚げ句、人気が急落した。そもそも解散する以前から、明日はどうなるか分からない芸能界に愛娘が入り込むようなことだけは避けたがっていた。だからこそ、2人の娘には幼いころから音楽を習わせ、フランスにも留学させる英才教育を受けさせた。親の七光といった周囲の雑音を一蹴する実力を養わせたかったのでしょう」(前出の事情通)。

 その甲斐あって、長女も次女も「フルートではヨーロッパで入賞したことがあるほどの腕前」(夫婦の知人)で、英語もフランス語もペラッペラ。そんな将来有望の娘に対し、積極的に芸能界デビューを仕掛けたのは、もちろん、妻の静香。

「姉妹仲はものすごくいいんですが、性格は真逆。どちらかといえば長女は木村、次女は工藤の方になついており、次女は中学生になったころから芸能界を意識し出したそうです。工藤も中学2年生から『セブンティーンクラブ』というユニットを組んでアイドル活動を始めた。母娘揃って因縁めいたものを感じますね」(芸能プロ関係者)

 もっとも、コウキのデビューについて大々的にお披露目する青写真は描いていなかったそうで、「ある女性週刊誌が木村と工藤の次女だと嗅ぎ付けたため、スポーツ紙に急きょ、全容を流すことになった」(雑誌ライター)という。

 そんなキナ臭い大人の事情とは別に、工藤のアルバムに楽曲提供するなど作曲家としての才能も見せ始めているコウキには「工藤のクリスマスディナーショーにもシークレットゲストとして参加するという話が持ち上がっている」(音楽関係者)。

 “蚊帳の外”の木村が、娘の芸能界デビューを認める日は訪れるのだろうか。