ここから本文です

「Raspberry Pi 3 Model B+」のボード単体モデルが店頭入荷、価格は5,250円

6/14(木) 6:05配信

Impress Watch

(6/14 19:24更新)ボード+ケースセットも発売。
初出日時 6/14 6:05

【この記事に関する別の画像を見る】

 CPUやネットワーク機能が強化されたRaspberry Piの最新モデル「Raspberry Pi 3 Model B+」のボード単体モデルが入荷、ツクモパソコン本店IIとツクモ12号店で販売中だ。

 店頭価格は税抜き5,250円。

■ACアダプタやOSを自分で用意できるユーザー向けのボード単体モデル

 Raspberry Pi 3 Model B+は、英ラズベリーパイ財団のシングルボードコンピュータ「Raspberry Pi」のフラッグシップ「B」シリーズの最新モデル。

 先日、専用ケースやUSB-ACアダプタ、OSインストール済みmicroSDカードなどがセットになった「コンプリートスターターキット(TSI-Pi045-CSK-B16)」の店頭販売が始まっていたが、今回登場したのはボード単体モデルとなっており、付属品は無いがスターターキットよりも4,000円ほど安価となっている。

 Raspberry Pi 3 Model B+の機能の詳細についてはスターターキットの発売記事を参照のこと。

■Raspberry Pi 3 Model「B+」対応ケースも発売

 ボード単体のほかに、RSコンポーネンツ製のケース「Raspberry Pi 3B+/3B/2B 用RSコンポーネンツ製ケース 白(RS-167-7052)」も発売されている。外観はそのままで、Raspberry Pi 3 Model B+に対応させたものとなっている。スイッチサイエンス扱いの製品で、店頭価格は税抜き1,000円。

 なお、従来モデル「Raspberry Pi 3/2/B+ 用RSコンポーネンツ製ケース 白(RS-908-4212)」では、基板上のPoEピンヘッダが干渉するため、Raspberry Pi 3 Model B+では使用できないという。

■Raspberry Pi 3 Model B+とケースのセットパッケージも入荷

 さらに同店には、Raspberry Pi 3 Model B+とケースのセットパッケージ「TSI-Pi044」も入荷している。Physical Computing Lab扱いの製品で、ケースのカラーはクリアとブラックの2色。店頭価格は税抜き6,380円。

[撮影協力:ツクモパソコン本店II]

AKIBA PC Hotline!,AKIBA PC Hotline!編集部

最終更新:6/15(金) 21:07
Impress Watch