ここから本文です

Windows 10向けの高機能ボリュームミキサー「EarTrumpet」がメジャーバージョンアップ

6/14(木) 6:15配信

Impress Watch

 Windows 10にスタイリッシュな音量ミキサーを追加するユーティリティ「EarTrumpet」の最新版v2.0.0.0が、9日に公開された。「Windows 10 April 2018 Update」に対応しており、現在“Microsoft Store”から無償でダウンロードできる。

【この記事に関する別の画像を見る】

 「EarTrumpet」は、Windows 10のデザインにフィットした音量ミキサー。タスクトレイから簡単にアプリケーションごとの音量を調整することが可能。Windows 10標準のボリュームコントロール機能よりも格段に高機能で使いやすく、Windows 10を導入したらまず導入したいアプリケーションの1つだ。

 メジャーバージョンアップアップとなる本バージョンでは、マルチチャンネルピークメーターが追加。ボリュームスライダーに現在の音量がリアルタイムで表示されるようになった。左右それぞれのチャンネルのボリュームメーターが独立しているのもポイントだ。

 また、再生デバイスごとにアプリケーションがグルーピングされるようになったのも大きな改善点。ボリュームスライダーでマウスを右クリックするとスイッチボタンが現れ、クリックするとプルダウンで再生デバイスを切り替えることもできる。最新のWindows 10ではOS標準で行えることだが、これがタスクトレイから簡単に行えるのは便利だ。

 なお、この操作は本バージョンで新設されたボリュームミキサーウィンドウで行うことも可能。頻繁に切り替えを行う場合や設定を煮詰めたい場合は、ちょっとした操作ですぐ閉じてしまうタスクトレイのフライアウトよりもウィンドウの方が適している。

 そのほかにも、タスクトレイアイコンのホイールクリックでミュートしたり、ボリュームスライダーをマウスホイールで操作できるようになった。フライアウトを開くためのショートカットキーやWindowsのライトテーマ・ダークテーマのサポート、タスクトレイアイコンの右クリックの拡充、アニメーションやエフェクトの強化なども行われており、旧バージョンよりも使い勝手が大きく向上している。

EarTrumpet 2.0 is now in the Store for Windows 10 RS4+ users. Thanks for your patience, hope you enjoy it! https://t.co/kaBNWvYPGF

(code now in master @ https://t.co/oXvy7Z4d68) pic.twitter.com/oZ8EdmioUv

― Rafael Rivera (@WithinRafael) 2018年6月12日ソフトウェア情報「EarTrumpet」【著作権者】David Golden 氏、Rafael Rivera 氏【対応OS】Windows 10【ソフト種別】フリーソフト【バージョン】2.0.0.0(18/06/09)

窓の杜,樽井 秀人

最終更新:6/14(木) 6:15
Impress Watch