ここから本文です

『ボイメン』とコラボ!? 和田アキ子紅白復帰か 「何らかの“手打ち”があったのかも…」

6/14(木) 16:56配信

夕刊フジ

 一昨年、通算40回目の出場を目前にした「NHK紅白歌合戦」で“落選”の憂き目に遭った歌手の和田アキ子(68)に復活の兆しが見えているという。

 和田は、1970年に『笑って許して』で紅白に初出場果たすと、2015年まで30回連続、通算39回の出場回数を誇り、何度となくトリや大トリを務めてきた。それだけに一昨年の落選は大きな話題を呼んだ。

 「NHKは受信料確保の観点もあり、近年は若い視聴者層にウケの良いアイドルやアニソン歌手を投入するなど若返りに力を入れてきました。そうした中、北島三郎さんや森進一さんといった大御所も“卒業”しましたが、2人とも花道ともいうべき最後のステージが用意されたのです。なのに和田さんはいきなりの落選だったのです」(レコード会社スタッフ)

 近年はヒット曲に恵まれていないとはいえ、通算40回出場の節目を前にバッサリと切られてしまったことに業界内でも同情的な見方が多かった。

 和田も相当ショックで自身の番組でNHKへの“恨み節”を口にするなど、関係修復は不可能とも思われていたが、ここにきて風向きが変わってきたという。

 「実は今月5日に放送されたNHKの『うたコン』に和田さんが出演したんですよ」

 同番組で和田は、5月にリリースした最新シングル『愛を頑張って』を人気男性グループの「BOYS AND MEN(ボイメン)」の研究生と披露したのだ。

 「同曲は自身のデビュー50周年記念企画として、人気上昇中の『ボイメン』の研究生とコラボした曲で、音楽チャートで1位になるなど、セールスも好調。今回の『うたコン』出演もNHKからのオファーだったそうです」(音楽誌編集者)

 「ボイメン」は一昨年、昨年と「紅白」初出場が取り沙汰された人気グループで「うたコン」出演も不思議ではない。とはいえ、和田とNHKといえば、「紅白」落選以来、大きなしこりを残している。

 「和田さんや所属事務所サイドは『紅白』落選の際、NHKサイドに激怒していましたからね。実際、今回の出演交渉でも水面下でひと悶着あったようです。最終的に和田さんサイドがゴーサインを出したということは、何らかの“手打ち”があったのかもしれませんね」(前出の編集者)

 通常、「紅白」は一度落選すると、短期間での復活は難しいとされる。「近年は企画枠というくくりもあります。大御所の和田さんと『ボイメン』のコラボは話題性も十分です」(同編集者)

 笑って許せたのだろうか。

最終更新:6/14(木) 16:56
夕刊フジ