ここから本文です

そもそもコピーを作るつもりはない――20年の時を超えて蘇る『バイオハザード RE:2』神田P・平林Pインタビュー

6/14(木) 22:06配信

IGN JAPAN

そもそもコピーを作るつもりはない――20年の時を超えて蘇る『バイオハザード RE:2』神田P・平林Pインタビュー - Part 1

E3 2018で発売日のアナウンスとともに、ついにお披露目となった『バイオハザード RE:2』。オリジナルの『バイオハザード2』から20年近くの時を経てフルリメイクとして蘇る本作はいったいどういった理念で開発されているのか。
現段階ではVR対応を考えておらず、三人称視点でのサバイバルホラー体験に注力していること、原作にあった「The 豆腐 Survivor」や「The 4th Survivor」が収録されることがすでにわかっており、あくまでも『バイオハザード2』であることを強く意識していることがわかる。そんな『バイオハザード RE:2』について、E3会場で神田剛プロデューサーと平林良章プロデューサーに話を伺った。

「バイオハザード RE:2」画像・動画ギャラリー


なぜバイオ2なのか?
――もともと『バイオハザード2』にはファンメイドの作品があって、その開発者とカプコンとが接触していたという話があったかと思うのですが、今回の『バイオハザード RE:2』との関係はありますか?


平林:ファンによるプロジェクトはたしかにあったんですが、今回の『バイオハザード RE:2』はそれとは関係ないんですよ。(それに限らず)シリーズのファンの方からのアクションもたくさんありますし、僕らも「『バイオハザード2』のリメイクができないかな」って話を常々していました。そんななかハードの世代も上がってきていよいよ「やろうよ」って話になっていたときに、ちょうどその(ファンメインドの)作品を知ってコンタクトを取ったんです。そしたら彼らは「カプコンがやらないから俺らはやってんだよ!」っていうくらいすごい熱量なんですよね。それに対して僕らはまず「ありがとう」っていうことと、「その熱意をバトンとして受け取められる状況になったので待っていてほしい」という風にお伝えしたんですね。そういった状況が「会っていた」という風に皆さんに伝わったのかな、と思います。
――なぜ「2」なんでしょうか?
「1」はすでにリメイクしていましたし、「2」ってユーザーさんの声が大きくて、皆さんのなかで思い入れがある「2」を選びました。


標榜しているのは「懐かしい、けれども新しい」
――フルリメイクにあたって意識したことをお教えていただけますか?
神田:まず「オリジナルをリスペクトする」ということはあるんですけど、我々のなかにも「自分としては、これが俺のバイオ2だ」っていうのがあります。ですから何を残すべきか、何をよい体験として提供するべきかを検討するのはもちろん、「懐かしい、けれども新しい」というのをひとつのコンセプトとして掲げて議論を重ねました。そうしてクラシックなサバイバルホラーのプレイフィールを落とすことなく、技術も含めて現代的な『バイオハザード2』とするべく開発を進めています。ですからファンの方の想いから始まって、我々の想いも詰め込んだ『バイオハザード2』になっているのではないかと思います。
そもそもコピーを作るつもりはなかった
平林:そもそもコピーを作るつもりはなかったんですよ。『バイオハザード2』はあの時代に完成されたエンターテイメントだったわけですけど、それから20年経った今、コピーするだけではその素晴らしい体験を皆さんに伝えることができないんですよね。ですからコアのゲーム体験を引き継ぎつつも、新しさをプレイヤーの皆さんに感じてもらえるように開発しています。
神田:今回のビルドをプレイしていただいた方には警察署内のレイアウトを含めて新しくなっていることを実際に感じていただけたと思います。(オリジナルでは最初に出会う生存者であった)マービンより先に新たな生存者と出会うのはそういったもののひとつです。これに関しては単に新しいキャラクターがいるというだけでなく、パズルにつながる要素もあるし、今回のマービンとの出会いや関わりにも変化をつけています。



――「(「2」で登場したクリーチャーの)リッカーが絶対ここから来るんでしょ」って場所があってカメラを構えてたんですけど、その窓のとこでは全然来なくて(笑)
平林:あそこを僕らは「リッカー通路」ってずっと呼んでるんですけど、リッカーのモチーフは活かしてるんですよ 。 リッカーの特徴である爪痕が壁にあったり、壁を這って歩くリッカーに合わせて死体が吊り下げられていたりとか、環境でドラマ性を感じてもらえるようにしています 。 たとえば(主人公の)レオンは新米警官なので先輩たちが「新人が来るらしいから歓迎しようぜ!」みたいなことを絶対やってるはずなんですよ 。

1/2ページ

最終更新:6/14(木) 22:06
IGN JAPAN