ここから本文です

SteelSeriesのコンパクトキーボード「APEX M750 TKL」が登場、独自スイッチ採用

6/14(木) 8:30配信

Impress Watch

(6/15 17:30更新)販売スタート。
初出日時 6/14 8:30

 独自キースイッチを採用するSteelSeriesのゲーミングキーボードにテンキーレスモデルが登場、「APEX M750 TKL(64720)」が15日(金)に発売された。

【この記事に関する別の画像を見る】

 店頭価格は税抜き15,500円。販売ショップはツクモeX.パソコン館、ツクモDOS/Vパソコン館、パソコンショップ アーク、GALLERIA Lounge。

■英語配列のテンキーレスキーボード、独自のメカニカルスイッチを採用

 APEX M750 TKLは、SteelSeries独自のメカニカルスイッチ「QX2 Linear Mechanical RGB Switch」を採用したUSBキーボード。キーボードのフレームにはアルミニウムが採用されており、軽量ながらキータイプ中にたわみのない堅牢性を有しているという。

 2017年12月に発売された「APEX M750」のテンキーレスモデルだが、キー配列は日本語ではなく英語レイアウトとなっている。

 各キーにはカスタマイズ可能なRGB LEDが搭載されており、専用ユーティリティ「SteelSeries Engine」による制御が可能なほか、対応ゲーム毎にLEDを同期させる「GameSense」にも対応している。

 キースイッチの仕様は押下圧は45cNでキーストロークは4mm、アクチュエーションポイントは2mm。本体サイズは幅370×高さ35×奥行き160mmで、重量は約862g。USBケーブル長は2m。

[撮影協力:ツクモeX.パソコン館]

AKIBA PC Hotline!,AKIBA PC Hotline!編集部

最終更新:6/15(金) 19:52
Impress Watch