ここから本文です

白濱亜嵐が、第三次世界大戦の開戦を阻止する任務に抜擢された自衛官を熱演! 映画『ウタモノガタリ』新場面写真公開

6/14(木) 20:57配信

M-ON!Press(エムオンプレス)

■E-girls 石井杏奈・山口乃々華・坂東希が繰り広げる、“言葉のない世界”での全身全霊の対話の結末とは!?
映画『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』(6月22日公開)より、白濱亜嵐(EXILE / GENERATIONS from EXILE TRIBE)主演作品『アエイオウ』と、石井杏奈・山口乃々華・坂東希出演作品『Kuu』の新場面写真が解禁された。

【詳細】他の写真はこちら

詩と音楽、映像をひとつに融合したプロジェクト“CINEMA FIGHTERS project”の最新作、映画『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』。

6つの詩から生まれた6つの新しい楽曲と、その楽曲の世界観から映像化された6つのショートフィルム、その中の1作で『0.5 ミリ』の安藤桃子監督がメガホンを取り、EXILE / GENERATIONS from EXILE TRIBEの白濱亜嵐が主演を務めた『アエイオウ』は、白濱演じる若き自衛官・ひかるが、第三次世界大戦の開戦を阻止すべく特命任務に抜擢され、「最果ての地」と呼ばれる場所で真実を探す物語。開戦迫る“今”と、恋人・知和(木下あかり)と過ごした“過去”、ふたつの時系列に沿ってストーリーが展開する。

今回解禁となった新場面写真は、「最果ての地」の海岸の見張り台にいる“現在”の自衛官のひかると、知和とカフェでお茶をするひかるの穏やかな“過去”の日常を対比して見ることができる内容。そして、暗い場所でひざを抱えて座り込むひかるに、いったい何があったのか……。等身大の若者であるひかるが、“世界大戦開戦の阻止”という数え切れない人々の命を背負いながら、真実と対峙することとなる物語の、対象的なシーンを切り取った場面写真となっている。

そして同時に新場面写真が解禁となったのは、『663114』がベルリン国際映画祭でSpecial Mentionを受賞した平林勇監督がメガホンを取り、E-girlsの石井杏奈・山口乃々華・坂東希が主演を務める『Kuu』。石井演じるアンが、何者かに追われボロボロになってたどり着いた深い谷で、「自分とは違う人々」である山口演じるハナと坂東演じるテンに遭遇し、全身全霊で対話を試みる物語。

今回解禁となったのは、対岸のアンを見つめ、身体を大きく動かして対話を試みるハナとテンの姿が見られる写真。そして、木に灯る火に向けて両手を掲げる男女、怪我をしたアンを支えるふたりの男性……。氷点下にもなる極寒の川辺で撮影された、その壮大な景観美と出演者の熱のこもった演技。独特な作品の世界観が垣間見られる場面写真となっている。言葉のない世界で彼らがどのようにストーリーを展開していくのか注目だ。

映画情報
『ウタモノガタリ -CINEMA FIGHTERS project-』
ショートショート フィルムフェスティバル&アジアにてプレミア上映後、6月22日(金)より全国ロードショー

(C)2018 CINEMA FIGHTERS

ショートショート フィルムフェスティバル&アジアの詳細はこちら
http://www.shortshorts.org/

『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』の詳細はこちら
http://m.tribe-m.jp/common/movie/2018/utamonogatari/index