ここから本文です

バスト小さく「ニーズ強い」 ワコールのブラ開発者

6/14(木) 18:50配信

京都新聞

 京都発明協会による技術発表会が14日、京都市下京区の京都リサーチパークで開かれた。京都府の発明考案功労者に選ばれたワコールの開発者が、会員約80人に商品開発の経緯や試行錯誤について語った。
 府は毎年、企業や個人の優れた研究開発や特許発明を顕彰する「府発明等功労者表彰」を実施している。今年の受賞企業の事例を参考にしてほしいと、同協会が初めて技術発表会を企画した。
 バストを小さく見せるブラジャーが評価されて最優秀賞を受けたワコール(南区)商品設計課の上家淳志さんが登壇。太って見えるなどの理由で大きなバストに悩む女性が一定いることを市場調査で把握し、特許登録したシート入りのブラジャーを開発するまでの苦労や商品の反響について振り返った。
 上家さんは「マーケットが小さくても、ニーズの『強さ』に注目してほしい」と語った。優秀賞の企業5社による発明品のポスター掲示やソーシャルビジネスに関する講演会などもあった。

最終更新:6/14(木) 21:54
京都新聞