ここから本文です

監督電撃解任のスペイン代表、会長はチームの団結を主張「反対はない」

6/14(木) 19:30配信

GOAL

2018FIFAワールドカップ・ロシア開幕前日に、監督解任に踏み切ったスペインサッカー連盟(RFEF)のルイス・ルビアレス会長は、選手からの反対はないとスペインのラジオ『エル・パルティダッソ・デ・コペ』で明かした。

スペイン代表を率いていたジュレン・ロペテギ氏は12日、来季からレアル・マドリーの監督に就任することを発表。5月にスペイン代表との契約を2020年まで延長したばかりにもかかわらず、RFEFに報告したのは発表の直前だった。この対応に連盟はW杯開幕前日での解任という前代未聞の決断を下した。

選手たちは指揮官の残留を希望しているとの報道もあったが、RFEF会長は選手たちからの反発はないと主張した。

「私はみんなから意見を聞いた。しかし、決断を下したのは私だ。選手たちは素晴らしいW杯にすると決意している。反乱はない。選手たちは、よくやってくれている」

後任に元レアル・マドリーのフェルナンド・イエロ氏が就任したことについても、選手たちは好意的に受け止めていると話す。

「選手たちはすでにイエロを受け入れており、死ぬまで付いていくと言っているよ。特に(セルヒオ)ラモスはキャプテンとして素晴らしい働きをしているよ」

グループBのスペイン代表は現地時間15日、グループリーグ初戦でポルトガル代表と対戦する。

GOAL

最終更新:6/14(木) 19:30
GOAL