ここから本文です

【全米オープン】松山ドライバー割れるハプニング

6/14(木) 16:32配信

東スポWeb

【ニューヨーク州サウサンプトン13日(日本時間14日)発】男子ゴルフの今季メジャー第2戦「全米オープン」(シネコックヒルズGC=パー70)は14日に開幕する。

 メジャー初制覇を狙う松山英樹(26=LEXUS)は、この日は星野陸也(22)らとともにインの9ホールをラウンド。その後の練習で、本番で使用予定だったドライバーのヘッドが割れたため、他のドライバーをテストする場面もあった。

 会場のシネコックヒルズGCは、フェアウエーが広い一方で、グリーンを外した際はピンチに陥りやすいレイアウト。さらにロングアイランド島の先端近い立地で海が近いため常に風が吹くとあって、攻略ポイントにショットを挙げる。その名手である松山にとっては相性が良さそうだが「それは分からない」と慎重に話す。

 2週前の「メモリアル」では初日に抜群のショットで首位に立ちながらも徐々に調子を落として優勝争いから後退した。前週は試合へ出ずに修正に励んだものの感触は思わしくないといい「練習をしても、しなくても状態は変わらない」と説明した。

 米ツアーの公式サイトで優勝予想の11番手に挙がった。タイガー・ウッズ(42=米国)が「ヒデキは最高の選手の一人。状況に応じてショットを選択することができる」と話すように周囲の評価は相変わらず高い。

「気持ちだけは前向き」と松山。一心不乱に練習場で打ち込み、スタートを待つ。

最終更新:6/14(木) 16:37
東スポWeb