ここから本文です

「銀のぶどう」首都圏各店で「真夜中のプリン」発売 糖質とカロリーにこだわり /東京

6/14(木) 16:04配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 首都圏の百貨店など8店舗を展開する洋菓子ブランド「銀のぶどう」は6月15日(金)、「糖質とカロリーにこだわりました2018夏」シリーズ第1弾として、新商品「真夜中のプリン ~糖質もカロリーもこだわりました~」の販売を始める。(デパチカドットコム)

 「時間帯を気にせずスイーツを食べてほしい」と「真夜中でも罪悪感なく食べられるプリン」を目指し開発された同品。カロリーゼロの糖を使うなど、材料の配合に工夫を重ねることで糖質とカロリーをできるだけ抑え、糖質を10.9グラム(エリスリトールを除く)、カロリーを129キロカロリーに仕上げた。

 同品では糖質やカロリーだけでなくその素材や製法にもこだわる。プリン液にはコクのあるブランド卵「森のたまご」を使い、プリンのおいしさを追求。カラメルソースにはブランドオリジナルの自家製カラメルを使い、ほろ苦い味わいをアクセントにした。

 価格は1個302円。大丸東京店や京王新宿店、西武池袋店、伊勢丹府中店、そごう横浜店、ラゾーナ川崎店のほか、一部姉妹店でも扱う予定。

みんなの経済新聞ネットワーク

【関連記事】