ここから本文です

【新日本】海野 初メインも惜敗

6/14(木) 16:32配信

東スポWeb

 新日本プロレス「ライオンズゲート」13日の新宿大会で、海野翔太(21)が初めてメインを務め、K―DOJOの次期エース候補・吉田綾斗(25)に惜敗した。

 若手育成興行とはいえデビュー1年2か月でメインに抜てきされた海野はミサイルキック、ジャーマンで攻め立て、キャリアでは格上の吉田に必死で食い下がる。だがヒザ蹴りを浴びて失速すると、強烈なハイキックからバックドロップで3カウントを奪われた。

 ホームで他団体の選手に敗れ「絶対に負けてはいけない相手に負けてしまった…」と悔しさをあらわにしながらも「これから若手が引っ張っていってやる。もっとデカイところでメインを張って、勝ってやる!」と言い切った。

 同興行ではこれまでミスター・永田裕志(50)が高い壁として若手の前に立ちはだかってきた。「(今回が)抜てきだなんて思ってない。これがあるべき姿。いつまでも永田さんにメインを張られたら情けない」。ヤングライオンの矜持を胸に臨んだ一戦でチャンスをものにできなかったものの、敗北を糧にさらなる精進を誓っていた。

最終更新:6/14(木) 16:37
東スポWeb