ここから本文です

川越市やまぶき会館で「アルプスの少女ハイジ」上演 小川麻琴さん主演 /埼玉

6/14(木) 16:48配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 川越市やまぶき会館(川越市郭町)で8月18日、ミュージカル「アルプスの少女ハイジ2幕10場」が上演される。主催は、川越市施設管理公社、劇団東少。(川越経済新聞)

 同名のヨハンナ・シュピリ原作の児童文学作品を芝居と歌と踊りで構成。舞台では、ハイジが車椅子のクララを何とか自分の足で歩かせるようにする場面も披露する。

 ハイジ役は、小川麻琴さん。小川さんは2001年、「モーニング娘。」5期のメンバーとして加入。卒業後、ニュージーランドへ語学留学。帰国後は、舞台を中心に活躍している。出演はほかに、ロッテンマイエル役に中山麻理さん、セバスチャン役に正木慎也さん、クララ役に鎌田ひかりさん、アルム役に宮川智之さんらを予定している。公演終了後、出演者との握手会もある。

 劇団東少は1949(昭和24)年創立。児童演劇の専門劇団。厚生省児童福祉文化賞、東京都児童劇団優秀賞などを受賞。
 
 担当者は「子どもたちに愛と友情の大切さ、ハイジのように、生きるって素晴らしいと感じてもらいたい。親子で楽しめる作品」と来場を呼び掛ける。

 13時30分開場、14時開演。

全席指定2,500円(3歳以上有料、2歳以下保護者膝上閲覧は無料)。チケットは、川越市やまぶき会館、川越西文化会館、川越南文化会館、劇団東少で販売。

みんなの経済新聞ネットワーク