ここから本文です

男劇団 青山表参道Xが西野ジャパンにエール「強敵に立ち向かう雄姿を見たい」

6/14(木) 17:00配信

東スポWeb

 大手芸能プロ「オスカープロモーション」が昨年11月に創設した「男劇団 青山表参道X」の旗揚げ公演「SHIRO TORA ~beyond the time~」が14日、東京・渋谷のAiiA 2・5 Theater Tokyoで初日を迎えた。

 同劇団は、米倉涼子、上戸彩らが所属し“美の総合商社”と言われるオスカーが初めて創設した男性によるエンターテインメント集団。オスカー所属の若手男性俳優30人で結成された。この日の初日公演前、メンバーの飯島寛騎、栗山航、塩野瑛久、西銘駿が報道陣の取材に応じた。

 この舞台は白虎隊をテーマにしたもの。主演を務める飯島は今回が初舞台となる。「舞台のお芝居と映像のお芝居は違うので難しかった。特に殺陣は初めてだったので、難しかった」

 旗揚げ公演について西銘は「他の舞台に比べると、みんな同じ事務所なのですごく支え合うことができた。これを機に絆も深まって、いい雰囲気で初日を迎えられた」と明かした。

 公演初日はサッカー・ロシアW杯の開幕日。日本代表は初戦(19日)で強敵コロンビアと戦うが、西銘は「白虎隊も“敗戦濃厚”と言われながら強敵に立ち向かった。強敵に立ち向かう雄姿を見たいし、ぜひとも勝っていただきたい」とエールを送った。

 同公演は17日まで行われる。

最終更新:6/14(木) 17:03
東スポWeb